ズボラ生活
日々の生活,心理学の研究などなどについて,ダラダラと書いていきたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さぼる
昨日投稿した文章の中で,「忙しいという言葉は使いたくない」という趣旨を書いたのだけど,見返してみると,数日前の投稿で「殺人的に忙しい」と書かれていた・・・。

こんな事があるなんて,まさに「心を亡く」している証拠ですな。

さてさて,今日は勉強会があったのだけれど,風邪気味なのでさぼってしまった。

今日参加する予定だった勉強会は,非言語的な心理療法を中心に,ケースを持ち寄ってアレコレと語らうという趣旨。
主催者が医師なのだが,精神分析的(特にユング的)なオリエンテーションを持つ人で,なかなか面白い。

これまで精神分析とかユングとかあまり興味がなかった(というか,役立つと思えなかったし,僕には難しすぎる)ので,あまり近づかなかったのだが,噛み砕いて色々と解説をしてくれるので,非常に分かりやすい。そして,ケースの理解に分析系の発想が役立つのだなぁと実感。

そもそも,僕の大学院は分析系の流れなので,親和性がないわけではない。だけど,分析の人たちしかいないことに反発を感じてあえて近づかなかったという天邪鬼な僕。

また余裕ができれば,一から分析を勉強し直してみようかな。
スポンサーサイト
心を亡くす・・・
最近以上にやることが増えている・・・。

本や論文を読むヒマもない。

そんな中でも,「忙しい」という言葉をあまり使いたくない僕。

こないだ,ある先生が,「忙しいというのは,字の通り,心を亡くすということだ」と仰っていた。
確かにそのとおりだなぁと納得。

心を亡くしてしまったら,良い臨床活動や研究活動はできないもんね。
なので,もう少しゆとりを持って日々を過ごすことが必要だなぁと反省。
だけども,今日はこれから仕事だ・・・。
心を亡くさないよう気をつけよう・・・。
路上ライブ的臨床
今日はある相談会のボランティアに参加してきた。
[路上ライブ的臨床]の続きを読む
某学会に乗っかる
久々の投稿。
最近,殺人的に忙しい。

そんなときに,こないだ仕事に行ったら,
「ぐっちょん,今度の学会発表者に入れといたから~」
と上司に言われる。

何の発表をするのかもよくわからないまま,学会に行くことになってしまった。

まぁ,研究業績になるし,ちょっとした旅行気分で行けるからいいんだけどね。

もう少し時間もあるから,何か考えとこうっと。
他職者と仕事をすることの難しさ
今日は,ある施設に行って来た。

そこでは,心理士は1人しかおらず,その他はある職種の人たちのみで構成されている。

だいたい,どこに行っても,心理士というのは少ないもので,他の職種の人の方が多いのが普通なのだが,やはり,他職種の人と折り合いをつけるというのは難しいなぁと感じた。

心理士の仕事として,もちろん,クライエントに直接関わることが大切だとは思うが,他の職種の人たちと情報を共有したり,心理士としての立場を明確にわかりやすく,かつ納得できるように説明し,見立てなどを伝えることも,大事な仕事なんだろうなと,改めて感じさせられた。

そういうことを考えていると,心理士の力量というよりも,人間力を試されているような気がする。

もっと人間力を高めなければいけないなぁ・・・。
発達勉強会
本日は発達についての勉強会に行って来た。

主にK式発達検査の使い方とか見方についてをみんなで勉強する。

ほとんどが現場の人で,K式に精通している人による,実際の検査場面のロールプレイを見ながらあーでもない,こーでもないなどと好きなように話をするという趣旨(今日に限って)。

やっぱりプロの技は凄いなぁと関心するばかりです。

普段は自分の出した検査結果についてや,使い方が確かなのかどうかわからないことの方が多いが,今回のようにプロの技を見たり話を聞いたりすることで,「この考え方はやっぱり正しかった!」とか,「ここはやっぱりこうしたほうがよかったんだ!」などといろいろ考えさせられました。

いやー,今日は満足な勉強会だった。
次回が楽しみだ。
しょぼい図書館
今日は仕事だった。
昨日は深夜まで遊んでいたので,やはりきつかった。

ところで,現在文献を探しているのだが,我が大学の図書館といったらしょぼいこと・・・。

大学の蔵書は多い方らしいが,そんなことはどうでもよい。

僕が必要なのは,電子ジャーナルだ。

日中仕事をしている僕は,大学に行くことがままならない。
なので,電子ジャーナルを利用できることは,僕にとってこの上なく便利なことなのである。

しかし,これだけインターネットが使われるようになっているにも関わらず,我が大学の電子ジャーナルの少なさといったらない。

心理学の専門家も山ほどいるにも関わらず,大学自体がAPAに加入していないので(それだけではないと思うが・・・),心理系のジャーナルが入手しにくいのである。

したがって,文献を手に入れるまでに膨大な時間がかかってしまう。

ほんとに研究させようと思ってんのかねぇ・・・と不信に思います。
電子ジャーナルさえもう少し豊富だったら研究効率も上がるのになぁ。

ちなみに,日本の心理系雑誌ももうちょい電子化したほうがいいと思うんだけどなぁ。
一発勝負の難しさ
読書カテゴリーを見てもらってわかるかもしれないが,
僕はあるところで発達相談の仕事をしている。

そこでは,継続的な相談をするというよりも,一回だけの面接が中心だ。これまでは,面接室という枠に守られてじっくりと話を聞けていたのが,今の仕事ではそうは行かない。

次はない。
面接時間も20分程度。
周りに人もたくさんいる。
何の相談が来るかわからない。

そういった状況での相談業務なので,非常に難しい。

しかも,せっかく来てくれたのだから,何か持って帰ってもらわなければという焦りもあり,いろいろと言ってみるのだが,うまく伝わらないほうが多い。わかってもらえなかったときの反応もダイレクトだ。

なんだか路上ライブをしているような気分になる時がある。

自分の仕事に対してフィードバックがなかなか得られないが,やりがいはある。
力量もすごくつくような気がする。

それでもまだまだ学ぶことは山ほどある。

ここのあたりももっと勉強せねば。
K式勉強会
今日はK式発達検査の勉強会だった。
最初は修士の子たちばっかりで始めてたんだけど,
最近はOBとか現場の人とか他職種も混じってきて面白くなってきた。

やっぱり他職種の意見は新鮮だね。
入ってもらってよかった。

向こうにも飽きられないように頑張らないとね。

後輩達も,ものすごい勢いで実力をつけてきているので,
ちょっと脅威だな。

負けないように勉強せねば。
久々のゼミ
数ヶ月ぶりにゼミがあった。
発表する予定も別になかったので,何も準備していかなかったら,
いきなり今年の研究計画についてしゃべらされた。

何となく嫌な予感がしていたので,頭の中だけで構想を練っていたのがよかった。特に何も言われたかったが,「とにかく書いてね!」と指導教官から強く念押しされてしまった・・・。

新M1も入って来たことだし,気合入れて頑張るか!
今年の目標は,投稿2本だ(無謀・・・)!
連休明け
連休明けってキツイねぇ。

連休中休んでたのかと言われると,特に休んだ気分にはなっていないのだが・・・。

何故かというと,たまにある1日だけの休みとかなら,「よし,今日は休み!」と張り切って休めるのだが,大型連休になると,何をしていいのかわからなくなる。・・・というか,休んでいる自分に罪悪感を感じてしまう。・・・というか,休んでいると「お前,そんな休んでる暇とかあるんか?」と悪魔がニタついた表情で囁いてくるような気がするのである。いわゆる焦燥感ってやつ。

だから結局,休みなのに,休んでても気がおさまらないというか,落ち着かないというか・・・。
で,結局休んだら休んだで,ちょっとした罪悪感。
で,何か用事したら用事したで,もったいない気分になる。

非常にアンビバレントなんだよね。俺って。

そんなこんなで,ウダウダ連休を過ごしていると,昼夜逆転。
月曜日の朝はきつかった。ほとんど寝られない状態だからね。
今もそれをひきずっていて,今日は仕事に全然集中できず。
しかも風邪引いたし。

早く連休ボケを解消せねば。
PFスタディ再考
今まで,PFスタディに触れることはほとんどなかったが,
最近,ちょくちょくPFスタディを使うことが増えてきた。

もう少しで改訂版が出るらしいが,どんなものか気になるところ。

今まで,PFをやったところで,「そんなんでわかるか!」と思ってほとんど勉強してなかったが,どうしても勉強せざるを得ない状況になって少し勉強してみると,非常に奥が深いことが分かった。

どう奥が深いのかと感じたのかについては具体的には書かないけれども,結果の見方によっては,ロールシャッハほどではないが,パーソナリティの情報量を非常に豊富に得ることができると感じた。

何でもやってみないとわかりませんな。
考えを改めて,これからキチンと勉強します。
my劣等感
はりきって第2回目の更新。
こういうのってあんまり調子乗りすぎるとこの後もたないんだよね。

HMLについて調べてみた。
そもそも,階層的データの定義すらよくわかっていなかったので,調べてよかった。
結果的には,今の所ボクのデータには適用する必要はあまりないかもしれない分析手法だけども,そのうち使うかも。

だけど,ボクの読んでる論文の先行研究ではバンバン使われてるから,その根拠をもうちょっと調べてみようと思う。

ところで,大学院生が書いてるブログを色々と適当に眺めていると,皆すごいね!海外の学会に行ってみたり,勉強会に参加してみたり,投稿してみたりと・・・。自分の行く末を感じさせられてしまいました。

D2になっていまだ投稿ゼロ・・・。予定は未定・・・。海外なんてとんでもない。勉強会にすら参加せずですよ・・・。もうそりゃ指導教官に無視もされますわね。ブログなんて書いてる場合ではないのだけれども。

自分のキャパシティの限界をいつも以上に感じた今日このごろでした。
おはつ
本日よりブログ開始。
まずは簡単に自己紹介。
とは言っても,プロフィールに書いています。

当ブログの趣旨は,僕の日常をダラダラと書き綴ることです。
一応心理学徒として,読んだ論文とか本とかについて書くかも。
恐らくは,学術的なことはほとんど書かないでしょう。
更新されることもほとんどないでしょう。

と,非常に後ろ向きな姿勢で始まる当ブログですが,勝手に書き綴ってまいります。

早速。今日の一日。
本屋に行ってきました。
臨床系の本を探しに行ったのですが,目当ての「発達の扉」がなかなか見つからない。この本,その道では伝説の本らしい。名前は前から聞いていたが何となく読まなかった。だけど仕事の上でどうしても読まざるを得ない状況になってきたので,仕方なく購入。そのうちレビューします。
本当は,ミルトン・エリクソン関係の本を買おうと思っていたんだけど,こっちに関しては,思ったほどいい本がない。
ミルトン・エリクソン理論ベースの本で,具体的な技法とか事例が載ってる良書があれば誰か教えて下さい。

帰宅してからは久々に料理をした。冷蔵庫に残ってる食材を適当に使ってのあり合わせ。非常に美味しくなかったね。残念。

その後は,論文読んでました。
基本的に海外文献を読むことが多いんだけど,僕,英語よくわからないんだよね。しかも,海外の心理学論文って,臨床系でさえ,日本とは比べものにならないくらい統計の技術がすごいので,全くついていけません。HLMって何?の世界です。一応全部読んだけど,どれだけ頭に残ってるやら・・・。またまとまったらレビューでもします。

明日は仕事だ。そろそろ寝なくては。
とは言うものの,今夢中の小説があるので,それをきりのいいところまで読んでから寝るとしよう。

それではまたいずれ。

テーマ:ブログ始めました - ジャンル:日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。