ズボラ生活
日々の生活,心理学の研究などなどについて,ダラダラと書いていきたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中間発表終わり!!
やっと終わった!!
前のゼミでさんざん脅され、不安にさせられたが、激烈に厳しい指摘はなく、どちらかというと、興味を持って研究を聴いてくれていたし、今後の参考となるコメントも沢山いただいた。

A先生からは、回想法的手法を用いた調査の是非と、因子分析の同一因子内の項目の差違についてと、調査対象者の男女差の比較についてコメント。
B先生からは、虐待データをどのようにとるのかという事と、概念的弁別性に関する質問。
C先生からも同じように、概念的な弁別性についてのコメント。
D先生からは、開口一番「何やってるのかよくわかりません」。他の先生と同様に概念的な問題点と、特に「表象」に関する近年の認知心理学的知見や自記式のアンケートで測りうる構成概念についての議論が全くなされていないという厳しいコメント。ついでに、「統計処理もマズい」とのこと。検定をやり直す必要があるかもしれない。
待望の、我が指導教官からは・・・特にコメントなし。

これらのコメントを振り返ってみると、やはり概念的な整理が十分に出来ていないことを痛感。
どちらにしても、とてもビビってはいたのだが、とても貴重なご意見をいただいたと思う。
改めて概念的な所をきちんと見直す必要がある。

終了後、あれだけ不安にさせていた指導教官からもお褒めの言葉を預かり、なんとか博士論文提出資格は得られそうだ。

いやぁ、ほんと一安心。

これから冬に向けてラストスパート!
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://guchogucho.blog102.fc2.com/tb.php/150-aef13a89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。