ズボラ生活
日々の生活,心理学の研究などなどについて,ダラダラと書いていきたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
茶番
ぼちぼち,いろんな所から公募(大学等)が出てますね。
現場希望の後輩の話なんか聞いていると,なんか,現場であろうが大学であろうが,大体どこも一緒ですね。

何が一緒なのかというと,まだまだ,人脈優先主義ということです。

臨床現場にしても,いまだ一応公募はするけれど,すでに内定者は概ね絞られていたり(ここまでするのは今はあんまりないのかもしれないかな?),一応,応募資格に「大学院修士課程修了見込みも含む」なんて書いときながら,採用されるのは経験有りの有資格者が当然優先されるしね(これは当たり前なんだけど・・・)。

とはいえ,非常勤の口にしても,知り合いネットワークが優先されるし,新規に開設された指定校大学院なんか,非常勤の口を探す事すら大変だろうね。特に教員の力が弱い所は。

これは,研究者の就職にしても同じ事で,一応公募はかけているけど,内々では一本釣りが決まっていたりすることの方が多い。だけど,どこが一本釣りをしているのかは公募要件を見る限りではちょっと判別しにくいのである。
だから,いろいろと書類を出しまくらなきゃいけないんだけど,郵送代も馬鹿にならないし,そういった無駄を省くために,一本釣り狙いの所は,キチンと「公募はするけど実は一本釣り」的なことをキチンと書いてほしいものである。無理だろうけど・・・。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
はじめまして。
五。と申します。
最近よく記事を拝見しています。
こういう内々の一本釣りというのは確かに、茶番ですよね。
研究者にしても臨床家についても、仕事が出来るかどうか、仕事をさせてみないとわからないという信念があるからなんでしょう。
茶番を防ぐには、妥当性の高い試験や面接法の開発が必要なのでしょうが、まぁ、難しいんでしょうね。
対策とかすぐにされそうですし。

2008/08/17(日) 23:50:45 | URL | 五。 #4DOcPobI[ 編集]
コメントありがとうございます。
長旅だった故,無視った状態になってすみませんでした。

これからしばらくは,一本釣りという茶番に果敢に挑んで行こうと思っている所存でございます。

再び,ダラダラと書き綴っていきますので,また遊びに来てくださいね。
2008/09/06(土) 20:02:49 | URL | グッちょん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://guchogucho.blog102.fc2.com/tb.php/177-e402a624
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。