ズボラ生活
日々の生活,心理学の研究などなどについて,ダラダラと書いていきたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
校正原稿が届いた
とある学会誌の校正原稿です。
めちゃくちゃ赤ペン入れられてた・・・。特に引用文献のところ。

不慣れな学会誌なので,編集委員の先生方には本当にご迷惑をかけているような気がして,申し訳ない気持ちでいっぱい。

これが届いて思ったことは,大学の紀要論文なんて,全然ちゃんとチェックされていないのではないのかという疑いである。

僕の大学では心理系の紀要論文は採択基準が甘すぎると,指導教官が言っていたのでありますが,確かにそうだと思うし,審査するならもうちょっとまじめにしてもらいたいものである。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
僕も以前同じような疑問を持ちました.紀要論文を読んでいると,「これって校正されてるのかなぁ?」と思える箇所が見つかることがあるのです.僕程度が見つけられる誤りだったりするので,ほとんど校正などされていないんじゃないかと思ってしまいますし,実際そうなのかもしれません.

メジャーな学会誌に掲載されている論文でそういう体験をしたことはほとんど無いのですが,全体の論文のレベルを上げるためにも,紀要論文でも校正をちゃんとして欲しいなと思います.ってここで言ってもしょうがないですけど.
2009/02/11(水) 20:24:32 | URL | rhox2001 #T/9O36YY[ 編集]
Re: タイトルなし
> rhox2001さま
コメントいつもありがとうございます。
確かに,大学紀要などは校正の点だけ見ると,ほとんどが著者任せだったりするので,これは裏を返すと著者がしっかり校正できていない証拠なのですね。

なので,少し考え方を変えてみると,恥ずかしい論文を公表したくなければ,自分でちゃんと見直しをしなきゃいけないということなんですよね。

紀要論文なんて,どこの大学もレベルアップを目指している訳ではないでしょうが,学会誌はそういうことを疎かにしていると,学会そのものの信用が問われかねないので,めちゃくちゃ細かく見てるんでしょう。

だから僕も紀要論文は校正の練習と思ってやるよう考えを改めました。
2009/02/11(水) 22:13:54 | URL | グっちょん #-[ 編集]
> グっちょんさん
なるほど,紀要論文の質は大学によりけりなのですね.師から「なるべく雑誌の論文を読み,情報網を広くする場合にのみ紀要論文を読むように」と言われているのですが,その意味が何となく分った気がします.
2009/02/15(日) 22:50:17 | URL | rhox2001 #T/9O36YY[ 編集]
>rhox2001さん
rohx2001さんの師が仰る通りだと思います。紀要の場合は,基本的に大学院生が書いたものが多いと思いますが,その指導教官が必ずしもその領域の専門とは限らないですし,査読者も専門外の人の可能性が高いのです。一方,雑誌論文は専門外の人が査読をしているということはまずないので(領域にもよるでしょうが・・・),やはり,信頼性の面で言うなら雑誌論文でしょう。紀要は読み手よりも書き手のためにあるものと僕は考えています。
2009/02/15(日) 23:00:02 | URL | グっちょん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://guchogucho.blog102.fc2.com/tb.php/298-94508ad7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。