ズボラ生活
日々の生活,心理学の研究などなどについて,ダラダラと書いていきたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
負けた・・・
臨床系就職活動のお話です。
僕が学部生の頃から憧れていた某臨床現場が公募を出していたので,思い切って出したみたのである。

いざ試験会場に言ってみると,当初は約50倍近くの倍率だったらしいが,半数まで絞った人だけ辿り着いているということを試験官から聞かされる。

おお・・・さすが臨床現場。

その中にはなんと,修士の後輩もいるではないか!!落ちたら恥ずかしいな・・・なんて思いながら受験する。

試験に来ていた人のお話を聞く限りでは,ほとんどの方が修士学生さん達。キャリアとか考えると,こりゃ僕は有利だろうと自信を持っていたら,なんと落選!!!うまく面接とかもできたと思うんだけどなぁ。

相当ショックで,知り合いにお話を聞いてもらったところ,どうやら,中途にキャリアがある奴の方が使いにくいし,常勤で雇うなら,その現場色に染まる真っ白な学生さんの方が良かったのかもしれないね,という意見。もう一つの意見は,「博士課程出身の心理士なんて使いにくいったらありゃしない」です。

これらの意見が正しいとすると,中途なキャリアを持ってしかも博士課程にいる僕が,臨床現場で公募している常勤職に採用されることはかなり厳しい?ということは,残る道はコネしかないということか・・・。

いずれにしても,臨床現場も研究職も仕事に就くことは前途多難でございますな。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://guchogucho.blog102.fc2.com/tb.php/299-305c7d45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。