ズボラ生活
日々の生活,心理学の研究などなどについて,ダラダラと書いていきたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
質問紙と偏差値の相関
今日はお休み。
これから新しく買ったベッドが届く。
楽しみ楽しみ。

ところで,昨日は深夜まで以前とった質問紙データの整理をしていた。
既にデータ入力は済んでいたのだが,因子分析をしてもうまくいかないし,αを算出しても低い。

これはどういうことだろうかと考えてみた。
実は,いくつかの大学でデータをとっているのだが,その大学の偏差値の開きは30前後。

普通,α係数は被検者が増えれば高まるはずなのだが,偏差値under40の大学のデータを追加したところ,αが大幅に下がってしまったのである。

つまり,偏差値の低い大学のデータは信頼性に欠けるという結論に至ってしまう。
こう言ってしまうと語弊があるかもしれない。
僕が依頼しだ大学のある特定の学部での信頼性が低いということか。

しかし,これまでも何度か質問紙調査をおこなっているが,
やはり,大学の水準と質問紙データの安定性は正の相関関係にあるという印象は否めない。

それもまた,質問紙調査の弱みですな。
これってもしや,データの改ざんの一種?と思いながらデータの洗い直しを今日も続ける・・・。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://guchogucho.blog102.fc2.com/tb.php/30-ba59b937
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。