ズボラ生活
日々の生活,心理学の研究などなどについて,ダラダラと書いていきたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アカハラ
ここでも取りあげられている,最近ウワサのアカハラについて,当事者(グッちょん)?からの報告
このブログの大半は,愚痴なんですが,その愚痴の大半は,指導教官に対する怒りだったり理不尽さだったりを吐露するものになりつつあります。

これまでにも,いろいろと,指導教官についてぐちゃぐちゃと言われてはきたのですが,僕なんてまだまだ序の口だと思う。

とはいえ,やっぱりムカつくことが多いので,一度真剣にアカハラについて調べてみたことがある。
すると,どうやらアカハラには厳密な基準がないらしい。

ざっとみると,授業を受けさせない,指導を拒否する,私事を手伝わせるなどなど。細かいところで言うと,過度の叱責や添削の遅延(または無視),など。

うーん,いくつか当てはまりますねぇ・・・私の指導教官に。

僕にだけではなく,指導教官はゼミはすっぽかすわ,スーパーバイズはすっぽかすわでやりたい放題でございますよ。

正直,博士論文が指導教官にリジェクトされた時は,本気で訴えてやろうと思いましたよ。
念のため,自分のスーパーバイザーに指導教官の悪行ぶりを説明したのですが,

「指導教官と感情的に揉めるとややこしいよ~。ここはグッちょんも大人になって,指導をお願いしなきゃ!」と言われる始末。

その挙げ句,「まあ,アカハラなのかもしれないけど,そんなこと言ってもどうにもならないからねぇ・・・」。

為す術無し・・・。誰も助けてはくれません。

ということで,アカハラ何ぞは,特に大学院生に対しては日常茶飯事だし,どこに行っても,強大な権力によって揉み消される(ウチの大学でも実際にあったらしい)か,泣き寝入りするかの場合がほとんどでしょう・・・。

悲しいかな,大学院生・・・。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
どもです.為す術がないという現状については,仰るとおりだと思います.こんな風に権力構造に屈するしか無いからこそ「アカハラ」なんでしょうね.

アカハラ(と思われる行為)を受けている方に対しては,ホンネとしては,我慢する必要など無いと言いたいところですが,問題はそう単純でも無いかなと思ってしまいます.厳密な基準が無いこともそうですし,しがらみ的にも,よほどの事が無い限り訴えにくいのだと思うので.

うーん,今のところ僕の結論としては「微妙な問題」としか表せません.偉い方たちは,こういう問題をどう考えているのでしょうね.気になります.
2009/02/26(木) 01:12:23 | URL | rhox2001 #T/9O36YY[ 編集]
Re: タイトルなし
>rhox2001さま
いつもコメントありがとうございます。

というか,こちらはお金を支払って授業を受けている「お客さん」なので,大学側は,もうちょっとお客さんとして学生に対応する必要はありますよね。

これは,アカハラのことだけでなく,研究をするための種々のインフラ整備や充実した指導体制なども同様のことですよね。大学院生なんて,大学(または指導教官,そして,特に僕の指導教官)によっては完全に放置プレイですからね。だから僕は自分の投稿論文には指導教官を著者に加えません(こんなことをするからダメなのかもしれないです)。指導云々以前の問題です。

そういえば,教員のセクハラ被害者を支持した(ちなみに,その教員はセクハラで裁判沙汰にまでなっているにも関わらず)僕の知人に,アカデミックな世界から抹殺されそうになっているお方がいました。そのお方は,大変なご苦労を未だにされているようです・・・。

いやはや,とんでもない教員が跋扈する大学というところは何という恐ろしいところでしょう。

最近は,アカデミックな世界からはできるだけ早く遠ざかりたい気持ちでいっぱいです。
2009/02/26(木) 10:30:34 | URL | グっちょん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://guchogucho.blog102.fc2.com/tb.php/309-520739f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。