ズボラ生活
日々の生活,心理学の研究などなどについて,ダラダラと書いていきたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
商売ベタな国立大学教員
臨床心理士養成大学院の実習に関して。
以前,物議をかもした大学院の病院実習のことについてちょっと書きます。

今年も懲りずに実習生と関わらせて頂いているのですが,今回は,実習内容うんぬんではなく,実習の外枠についてちょっと思うことあり,そして,そのことでいろいろとストレスを感じております。

僕は,実は国立大学に在籍しているのですが,病院実習に関しては,教員が僕の職場ということにかこつけて,強引に修士学生の実習をねじ込んできたという経緯が始めにあります。

そして,僕は大学と病院側の橋渡しをしなければならないはめになったのです。

ここまでは,まあ,いいとしましょう。

問題は,実習が始まったその後です。

常識的なご挨拶等々(実習前後のご挨拶)を,教員が全くできていない。
なので,病院側から大学へのクレーム的なご意見がちらほら・・・。

大学側にも病院側にも所属を置いている僕は板挟み・・・。
しかも,どちらの所属も一番の下っ端でございます。

どこかの私大とかでは,その辺の根回しはとても丁寧にされるようです。
さすが,「学生様はお客様です」の精神。

当然のことながら,実習先への根回しがうまくできる私大と,お高くとまっている国立大学の学生さんを比較すると,学生の質に関わらず,私大の方が印象は良いですよね。結果,一生懸命やっている(はず)学生さん達が,実習先から不当な汚名を着せられたりする事態が起こりうるということです。

国立大学もいろいろあるのでしょうが,少なくとも,僕の在籍している大学は,もうちっと学生さんを大切にしたほうが良いと思いますがねぇ・・・。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://guchogucho.blog102.fc2.com/tb.php/312-2b586617
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。