ズボラ生活
日々の生活,心理学の研究などなどについて,ダラダラと書いていきたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
近所の演奏者
勝手な同一化のお話。
先日,少し疲れていたのでいつもより少し早めに寝ようと布団に潜ると,何やら外から管楽器の音色が聞こえてくるではありませんか。

何かの曲のワンフレーズをやたらと繰り返していて,ひっじょうに耳障りである。
そのため,なかなか眠りに落ちることができず,むしろ,そちらの音色に意識が向いてしまうのである。

イライラして,「一体何時だと思っているんだ!」と一人怒って窓の外に出てみると,やはり,どこかから管楽器の音が聞こえてくる。

あまりにもしつこく聞こえてくるので,こりゃ一言言わなきゃならん!と息巻いて外に出てみて,階下・階上といろいろ行ってみたのだが,どこから聞こえてくるのかわからない。

諦めていったん家に引き返して,さらなるイライラをタバコでおさめようとするが,タバコがない!!

外に出たついでに買いに行こうと思って,再び外に出ると,下の駐車場で僕と同じ年くらいの女性が車の中で一生懸命に楽器を弾いているではないですか。

犯人発見。

文句を言ってやろうと思ったが,結構熱心に練習している模様。
しかも,暗い車の中で練習しているということは,彼女なりに配慮しているということなんだろう。
そして,彼女は僕とおそらく同じ年代。

そんな観察をしていると,きっと練習する時間がないのだろうなぁ・・・。
でも,発表会か何かかがあって焦ってるんだろうなぁ・・・。

などと勝手な空想を膨らませて,なんだか文句を言えなくなってしまった。

結局,車の前をスルーしてタバコだけ買って帰ってくる。
家に帰ってくるとしばらくして音色も聞こえなくなった。

そして,なんだか複雑な気持ちのまま布団に潜り込んでいつの間にか寝ていた。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://guchogucho.blog102.fc2.com/tb.php/320-0af4fb06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。