ズボラ生活
日々の生活,心理学の研究などなどについて,ダラダラと書いていきたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
目的はいらない
本音と建前ですな
先日、とあるTVを見ていると(正確には眺めていると),気になる言葉が聞こえてきた。

「最近の文部科学省関係の研究はなんでも研究の目的を求めてくる。それでは研究の成果があがらない」といった内容だったように思う。

僕も研究助成とか論文とかを書くときには,一番「目的」の所で頭を使っているのだけども,正直なところ目的はタイトルの内容が知りたいだけなんですけど・・・ということがよくあるのである。
論文の作法として,目的とか研究の意義を記述するのはよーくわかるのだけども,「ただやってみたいだけだからやってみました」という研究領域とか研究報告があっても良いのではないかと思うのですよ。
TVの中の人がおっしゃるのもその通りだと思うし,自由気ままに研究を進めて行くことで新たな発見もあるのではないかと思うのですよね。

なんか,研究するにも建前が必要だなんてなんだかナンセンスな気がするのは私だけでしょうか?
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://guchogucho.blog102.fc2.com/tb.php/390-4cead3a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。