ズボラ生活
日々の生活,心理学の研究などなどについて,ダラダラと書いていきたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
研修報告@東京
これの続き。
2日目の報告です。
午前は,ワークショップ?シンポ?
どっちでもいいですが,臨床心理士の経験はあるけどSCは始めての方のための講義を聴いてきた。

思った以上に,講師の先生のお話は面白くわかりやすかったです。
なによりも,ちょいちょい,SCをやる上での「コツ」的なお話を聞くことが出来たのはとてもためになった。
後半の質疑のところでは,多少,理念的なお話になっていたように個人的には感じたのですが,まぁ,前半が良かったので良しとしましょう。

続く後半では,想定外のディスカッション。
40分という極めて短時間のなかで設定されたテーマについて議論しろと言う。
しかも,全員初対面の段階で。

互いの自己紹介とSCとしてのそれぞれの動き方とかを喋っている間にあっという間に時間が終わってしまい,結局本題に入ったのは終了してからでこちらもあっという間に議論終了。
まとまりもとりとめもなくディスカッションも終わり,よくわからないまま各グループでの検討課題のシェアリングが続く。

いろいろなことを理解する間もなく,気がつくと終了時間。

ディスカッション自体に実りがあったのかどうかはわからないけど,他の市町でのSC活動の実際を聴くことが出来たのは面白かった。
ただ,話を聞いている限りでは,SCの勤務体制は市町によってかなりバラバラだったのが気になる。
それだけSCの制度が整っていないということだろうし,SCを雇用する側の采配次第(それとSCに対する認識)で,いろいろな勤務形態が思いっきり左右されるという,その程度のものでしかないということを反映しているのだと思う。

初日の文科省の方の説明では,21年度からいろんな制約が取り払われてSCの活動が行いやすくなるというような話をしていたように思ったのだけど・・・なんか現場レベルの話と一致しないけどそれはなぜ?


いずれにしても,この2日間はそこそこ真面目に参加しましたよ。サボることも無く。
来年も参加しようかな・・・。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://guchogucho.blog102.fc2.com/tb.php/393-799a4ad2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。