ズボラ生活
日々の生活,心理学の研究などなどについて,ダラダラと書いていきたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
弁解と反省
まじめに。
10月15日のエントリに対して匿名で非常に辛辣なコメントを頂きました。
ですので,それに対する弁明を・・・。

ひとまず,辛辣なコメントの引用↓

博士が言うことではないです。
力量の問題じゃなくて、倫理的な問題です。
最低です。研究も臨床もやめてください。



どのあたりが「倫理的な問題」で「最低」なのかが明示されていないので,こちらで勝手に推測させていただきます。

思い当たるのは2点。
第一は,

仮説も何もあったもんじゃありませんが,嘘でもいいので形だけは整えなければなりません。



で,第二は,

といっても,データさえ揃えばあとはこちらのもの。研究の成果が出ようが出まいがそんなことはどうでも良いのです。なぜなら研究することに意義があるのですから・・・と言い訳してみる。


ではないかと。

確かに,真面目に研究をする者の姿勢とは到底かけ離れた記述です。そのあたりが「倫理的な問題」ということになるのでしょう,おそらく。

では,ここからが弁明。
第一の記述について。
記述内容に飛躍がありました。「仮説も何もあったもんじゃありませんが」の部分は,探索的な研究という範囲で認められても良いのかと思いますが,「嘘でもいいので」というところは訂正します。

嘘はいけません。ここで言いたかったのは「得られたデータを説明するためには,多少強引な説明をせざるを得ない場合がある」ということです。データをねつ造するとか,無いことをあったことにするとかあることを無かったことにするという意味ではありません。

それと,第二の記述について。
これは,全体的な記述に対する批判と受け止めても良いのでしょうか?
ですが,これはどうなんでしょう?「研究の成果が出なかった」という結果も立派な成果の一つになると思うんですがね。また,研究すること自体にも意義はあると思うんですが・・・。

ちょっと分からないですが,ただ,全体の印象としては「人を対象とする研究」を行う者として,その姿勢が軽いという印象は否めません。たとえ本当のところでそうは思っていなかったとしても。
その辺りが,これも推測ですが,「最低です。研究も臨床もやめてください」という言葉につながっているのかなと想像します。

ところで,「博士が言うこと」って何なんでしょう?
ちょっとよくわからないので考えてみます。

それと,

力量の問題じゃなくて、倫理的な問題です。


ですが,結局は倫理上の問題を適切に扱えないのも力量の問題でもあるでしょう。どっちにしても,そもそもこういう批判を受ける時点で,このエントリに関しては,僕には倫理的な問題を適切に表現する力量が足りなかったということでしょう。

ということで,このコメントを受けて,軽々しくこういうエントリを挙げるのは,他のまっとうな「博士」にもご迷惑がかかると思いましたので,以後注意します。

大変勉強になりました。匿名さん,ご批判ありがとうございました。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://guchogucho.blog102.fc2.com/tb.php/439-ab62f0c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。