ズボラ生活
日々の生活,心理学の研究などなどについて,ダラダラと書いていきたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
裏卒業式
最後の指導という名のお祝い会。
博士論文を提出し終わってから,指導教官から「最後に言っておきたいこととお祝いがしたいから」ということを言われていて,ようやく最後の指導とお祝いの会(といっても指導教官と二人ですが)に行って来た。

最後の指導とは,論文の内容というよりも,僕が言葉足らずの伝達下手で大変誤解を招きやすいので注意しなさいよ,ということでした。

いや,もっともなことでございます。いろんな人からそう言われているのでね。

僕のこの極めてひん曲がったパーソナリティを通して書かれる論文等は,指導教官にとっても指導しづらいものだったのかもしれないなぁ・・・と反省してみる。
これまでいろいろと(陰で)文句は言ってきたものの,お世話になったという事実に変わりはないですし,最後までつき合っていただいたことはありがたいことです。

お話の中で,大学での軋轢やらしがらみやらに巻き込まれたなどの裏話・こぼれ話を聞かせてもらった。そんな中で,多方面からの重圧もあったのでしょう。

先生は大学を退いて「魂を取り戻す作業」に入るらしい。
どんな作業になるのかは僕には想像がつきにくいけれども,ゆっくりと休んでいただきたい。

とにもかくにも,今回のお祝いは,裏卒業式のようでなんだかちょっと感慨深かったのである。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://guchogucho.blog102.fc2.com/tb.php/442-df8ea64f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。