ズボラ生活
日々の生活,心理学の研究などなどについて,ダラダラと書いていきたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イタい検査フィードバック
わかっていない証拠です。
普段お世話になっている量産型の彼が発達検査の講習会に行って来たらしく(リンク),興味深く拝読させていただきました。
どんな検査をするにしても,理論はやっぱり大事ですな。個人的にもK式発達検査は興味があるのでいずれ詳しいことを教えていただきたいと思います。

ところで,検査結果を本人さんや保護者さんにお返しする時に,やたらと専門用語とか難しい言葉を連発して,当事者を煙に巻くという戦法を使っている心理士がどうやらいるらしい。

つまり,検査を返すときに「視覚のモデル構成が弱くて・・・」とか「短期記憶がちょっと苦手ですね」とか,「自我の水準が・・・」などなど,僕が聞いていても「もうちっと具体的に教えてくれないかね?」と言いたくなるような説明をしている人が少なくともいるらしい。

そういう方にかぎって,具体的な対応策の助言は曖昧で漠然としたものになりがちで,あとから当事者さんから検査の様子を聞くと「短期記憶がなんとかって言われたぐらいで・・・それ以上のことは別に・・・」といった感じだったりすることが多い気がする。

そういのって,検査の項目が日常生活にどのように現れているのかという対応関係が単に理解できていない証拠なのだと個人的には理解しているのですが・・・。

もしかすると,大学院ではカウンセリングの技法や理論はたくさん教えてもらえるのかもしれないけども,特に検査のフィードバックの技法的・技術的なことって一切教えてもらっていない(僕に限ってのことですが)ので,その辺りは自分で学びなさい的な雰囲気なのかな?

とは言え,このあたりのことってとっても大事なことだと思いますし,検査の取り方を含めて大学院で真面目に教えてもいいことなんじゃないですかね?国家資格を視野に入れているならなおさら。大体,知能・発達検査の指数なんてものは場合によっては公的書類に載せられたりするもんですし,諸手帳の申請の際にも重大な情報として扱われるのですから,「あのときはまだ未熟だったもんで間違ってました」とかは出来ないんですよね。

臨床心理士養成の大学院カリキュラムって,そういうのをキチンと見越した上で立てられてるんでしょうかね?多分違うような気がしますが・・・。どっちにしても,その辺りのことを現行のカリキュラムでしっかりと教えていないのは,どうしてなんだろうかと疑問に思うところではありますが・・・。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
伝わるように言葉を「言い換える」ということって大事だと僕も思います。そうするためには、現実生活との対応関係をみていく必要があるということですよね。

うーん、「自分はどうか」っていうのは一概には言えないのですが…周囲(院志望の学部生)に専門用語だらけで会話する人がちらほらいます。そういう人に「それもうちょっと説明してください」と「言い換え」を希望すると、さらによく分らないことになったり。

「言い換え」って結局、自分がそのことをちゃんと理解してないと出来ないものなのでしょうね。卒論で扱う概念を説明しようとするとき、つくづく感じます。うまく説明できないのは、まだ理解しきって無いからだろうなと。
2009/10/29(木) 23:52:55 | URL | rhox2001 #T/9O36YY[ 編集]
Re: タイトルなし
rhox2001さま

コメントありがとうございます。

>「言い換え」って結局、自分がそのことをちゃんと理解してないと出来ないものなのでしょうね。

ほんと,そうだと思います。これって,検査のことだけじゃなくって,rhox2001さんの言うような研究にも通ずることですし(この点に関しては僕はあまり自信がありませんが・・・),例えば,カウンセリングの場面でも(大人子どもを問わず)クライエントさんの言葉(行動等)を正確に理解してフィードバックするという作業も同じだと思います(括弧が多いw)。

といっても,これってやっぱり難しいのですがね・・・。正直僕もあんまりエラそうなことは言えないですが,ただ,その辺りのことを自覚しているか否かには大きな違いがあるとも思います。
2009/10/30(金) 00:06:46 | URL | グっちょん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://guchogucho.blog102.fc2.com/tb.php/445-af4d5a19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。