ズボラ生活
日々の生活,心理学の研究などなどについて,ダラダラと書いていきたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
講義でパワポを使うことの是非
僕は便利だと思うのですが。
案外,講義でパワポを使うのには,賛否両論分かれるらしく,しかも批判的な見解も多いらしい。
事実,僕の(元)指導教官も,パワーポイントは注目を引くけど教員の個性がなくなる,とやや批判的なご意見でした。

で,僕も非常勤講師をすることになって,パワポを講義で使うことについての意見をネットで探してみたのです(「大学 講義 パワーポイント」でググれば結構出てくる)。
批判的な意見の代表としては,「講義は学会発表ではない」とか,「教員の自己満足」とか,「ノートを取りきれない」などなど・・・。
一方,肯定的な意見としては,「汚い板書よりもマシ」,「再利用しやすい」などなど。基本的には教える側の立場での意見が中心ですな。

こういったいくつかの批判を踏まえた上で,僕が導いた結論は,「結局のところ授業の進め方の問題じゃね?」ということに落ち着いたので,パワポを導入することにしたのである。

といっても,今回の講義は100人以上のでかい講義なので,もっと人数が少なければまた違うことを考えていたかもしれないけども。


あくまでも個人的な体験ですが,僕自身は大学でほとんどノートをとった経験がなく(というか,ノートの取り方がいまいち分からない),だらだらと前で先生が話をするのを黙って聞いているのが堪え難かったのですね。しかも,配布資料があっても,配布資料のうちのどこの話をしているのかよくわからなくなることが少なからずあったのです。

なので,僕に限っては,耳からの情報からだけでは,講義ってとてもしんどいのですね。

という,個人的な体験とか学生さんの特性とか,講義の受講生数とか,あと,僕の特性(前にもどこかで書いたけど,僕は自分の字が読めなくなるほど恐ろしく字が汚いのである)を鑑みた上でパワーポイントの利用に踏み切ったわけです。

実際にそんな大人数の前で講義をしたことがないので,やってみないと分からないところも多々ありましたが,個人的には良かったのではないかと。

何が良かったのかというと・・・

①講義がしやすい(スライドにはあくまでもあらすじ的なことしか書いていないけども,それがあると喋りやすい)
②学期を通しての講義のスクリプトが安定する(基本的に同じ形式で講義が続くので,学生が講義の流れを理解しやすくなる)
③動画とか写真をふんだんに入れることが出来る(動画は案外,学生さん達が注目する)
④学生さん達の感想・意見を視覚的にフィードバックしやすい(僕は講義とは関係なしに,講義の始めに学生さん達の面白コメントとか面白イラスト(落書き?)を匿名で公開(当然,拒否権は事前に知らせている)しているが,これが学生さんには結構ウケている)

などでしょうか。

気をつけている点としては,配布資料は必ず配り,一枚のスライドにあまり盛り込まず,しかしゆっくり説明する(ありがたいことに,説明が速かったときは学生がその旨コメントしてくれる)。あと,アニメーションはうっとうしい(単に個人的な好み)ので一切入れない。てな具合でしょうか。

きっともっと色々な工夫とかがあるのでしょうが,今の僕が思いつくのはこれくらいしかありません。
というか,現時点では講義資料を作るのだけで,ものすごい手間と時間をかけてしまっているので・・・これ以上の余裕がないと言うかなんと言うか・・・。

だけど,大学の先生がこんなに大変な思いをして講義をしていたのだと思うと(すべての大学の先生がそうではなかったとしても),もうちょい真面目に講義を受けていれば良かったと反省です。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
僕はどちらかと言えばパワポ肯定派です。でも場合によっては(使い方によっては)パワポ微妙とも思います。だから仰るように

>「結局のところ授業の進め方の問題じゃね?」

ということなのだろうと思います。

で、僕がパワポを"学生の視点から"肯定しているのは大まかに以下の点です。

・文字が見やすいこと
・図表が盛り込まれること

とくに図表は視覚的な理解が進んで良いかと思います。逆にパワポで表示するスライドは「文字だけ」といった場合には、パワポを使用する利点がやや減ってしまうのではないかと思います。


次にパワポ微妙だと思う瞬間ですが…

・アニメーションが結構使われてる
・スライド多すぎ
・文字ばっか(しかもわりと長文)

などの場合です。だからグっちょんさんが

>あと,アニメーションはうっとうしい(単に個人的な好み)ので一切入れない。

というのには激しく同意ですwプレゼンの時は要所にあってしかるべきと思いますが、講義時はほとんど不要な気がします。

あと、スライドがやたら多いのは困りますね…以前、1回の講義で(冗談抜きで)100枚ぐらいスライド出されたことがありました。特別講師を依頼された医師の方だったと思うのですが、さすがに全部は理解不能です…。きっとすごい時間かかったのでしょうけれども、作りすぎは逆効果ですね。

また文字だけなのも、なんだかな…な感じです。多少、工夫がされていればまだ良いのですが、「見出し」「本文(わりと長文)」しか用意されていないスライドが2,30枚あるだけだと、それはパワポで作る意味はあるのかと思ってしまいます。資料を作る側としては楽だろうとは思いますが、講義受けてる側のパワポによるメリットはあまり無いですね。スライドが資料として配られている場合には、講義を受ける意義すら見失いそうに…。スライドにはあらすじぐらいが載っているだけなのが、個人的には良いですね。

なんか長々と書いてしまいましたwそんなことを思いました。
2009/11/06(金) 01:46:41 | URL | rhox2001 #T/9O36YY[ 編集]
Re: タイトルなし
rhox2001さま

コメントありがとうございます。
やっぱり学生さんの立場に立って作るというのが大事ですね。

貴重な意見を頂きました。今後の参考にさせていただきます。ありがとうございました。
2009/11/06(金) 06:53:28 | URL | グっちょん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://guchogucho.blog102.fc2.com/tb.php/450-518c88d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。