ズボラ生活
日々の生活,心理学の研究などなどについて,ダラダラと書いていきたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
臨床心理系大学院生に告ぐ
ボランティアって結構いい勉強になると思います。
ワタクシはボランティアに行ってちびっこたちと関わっているのですが,何が勉強になるのかというと,面接室とかプレイルーム以外での生活とか子どもの動きが見れるということです。

で,やっぱり参加している団体の性質上,学生ボランティアの人手がもっと欲しいところなんですが,大学院生はあんまり参加してくれないのです。僕が在籍していた大学の特徴なだけなのかもしれませんが・・・。

心の問題にしろ心の世界にしろ,それを支えているのは生活であって,生活や日常的な動きを知ることは,その人を理解する上でやっぱり非常に大切なことではないかと思うのです。

確かに,僕が修士の頃は「ボランティアなんてやってられっか!」などと思ってました。実際。だって,お金も貰えないし,時間も食われるし。だけども,いろいろな事情でやむにやまれず参加することになって,いろいろ勉強になることに気がついてから,定期的に参加するようになって,後輩たちにも声を掛けるようにしました。

が,しかし,僕と同じように思う院生は結構いるのかもしれません。特に指定校となると忙しいですし。だから,あんまり参加率は高くない。興味がないというのもあるでしょう。

といっても,やっぱり,面接室以外で子どもやクライエントがどのような生活をしているのかに想像を馳せることは大事なことだろうし,そうした想像力を働かすために,ボランティア活動は有効な資源になると思うのです。そして,そうした経験が,今後,実際に臨床現場に出た時の備蓄栄養分となるのではないかと思うのです。

だからね,院生の皆さんは研究室や面接室にばかり篭ってないで,もっと外に出てみたらいいのにな,とか思う今日この頃。

もちろん,いろんな種類・形態のボランティア活動があるので,ここで言うのはあくまでも,フリーな場面で複数の子こども達と一緒に遊んだりするような活動という但し書き付きですがね・・・。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
ボランティアに参加したことは無いのですが、体験として日常の色んなことを知っておくことは、今後のためになるのでしょうね。心に留めておこうと思います。
2009/12/07(月) 06:50:17 | URL | rhox2001 #T/9O36YY[ 編集]
Re: タイトルなし
rhox2001さま

コメントありがとうございます。別にボランティアに限ったことではないのですけども,バイトでも何でもいろいろ経験するのは,悪いくないことだなぁと思います。
2009/12/07(月) 08:42:46 | URL | グっちょん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://guchogucho.blog102.fc2.com/tb.php/458-9ec1c1cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。