ズボラ生活
日々の生活,心理学の研究などなどについて,ダラダラと書いていきたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本心理学会第74回大会まとめ
刺激的すぎました。
遅くなりましたが,日心のまとめと報告します。

今年は地元大阪で開催ということで,帰省を兼ねてフル参加。

<一日目>
午前:Biological Caregiver Attachment
午後:情動の両刃を研ぎなおす

午前は全て英語。同時通訳あるかと思っていたけども,そんなものはございませんでした。
皆さん,英語で質疑応答していてビビリました。
内容は,進化論・比較行動学的観点からみるアタッチメントの話。サルの虐待の話はなかなか興味深かったです。

午後のWSはあんまりよく覚えていない・・・。エモーショナル・インテリジェンスとエモーショナル・コンピテンスの研究が今のところどうなっているのかというお話だったように。結局のところ「情動制御」の話だったんだろうと。

<二日目>
午前:認知心理学的アプローチを用いた臨床心理学的研究の可能性を探る
昼:対人関係におけるネガティブ感情の適応的意義
午後:自己と他者を区別するメカニズムと繋ぐメカニズム

午前はお知り合いの方々の企画だったので楽しみにしていたWS。ただ,ここから盛り上がるぜというところで終了。消化不良感は夜の飲み会で解消させていただきました。こういう企画を心理臨床学会でもやって欲しいと思います。

午前に頭を使いすぎたので,昼のWSはあんまりよく覚えていない。ただ,シャーデンフロイデな発表スライドとしゃべりが素晴らしすぎたことは覚えている。「恨み」の研究とか素敵すぎると思いました。

午後は,期待していた内容とちょっと違っていた。流行りの脳科学的アプローチでございました。統合失調症の病態(アナログ)から共感や自他の弁別のメカニズムを探っていますという話。「共感ー自他弁別ー妄想」の話は興味深かった。

夜:午前に参加したWSの皆様からお誘いを頂き,十三でフグを食って参りました。全くもって部外者の私を呼んで頂けるなんて大変光栄でございました。アカデミックすぎる飲み会で刺激されまくりました。自分はまだまだだなぁ・・・と痛感。

<三日目>
午前:アタッチメントの視座から親子関係における主観性に迫る
昼:英語論文投稿への道
午後:自分のポスター発表

最終日です。だいぶ疲れが溜まっていました。ポスターの予習も作戦もありません。

午前のWSはいろんなところで聞いた話だったので,真新しいことは特になし。
昼の英語論文投稿への道は,書き方のコツとかそういう話なのかと思ったら,例文をひたすら引用・参考にしなさいという話で,延々と例文の解説をされておられました。方法は参考にまりましたが,例文の読み上げと解説がずーっと続くもんだから,眠くなって途中で退席しちゃいました。

さて,ポスターです。
在籍時間は前半。ツイッターのフォロワーの皆様が立て続けにシバキにお越し下さいました。
非常に有益な議論・指摘があり,発表して良かったなぁと。結局一時間半は在籍しておりました。

夜:打ち上げということで,梅田のマグロ専門店に。大変おいしゅうございました。また行きたい。


まとめ
CBTと脳科学・神経科学的アプローチ花盛りって感じでした。自分は全くついていけていないのですがね。
ただ,こういう時流の中で,自分の立ち位置というか,自分が進むべき道とは一体なんなのだろうか?ということを本当に深く考えさせられた。そしてそうした疑問は,優秀な研究者達と対話したことで,なお一層強まった。
だけども,こうして自分の研究を振り返る機会とその機会を与えてくれる仲間は貴重だ。いや,ホントに参加して良かった。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
日心お疲れ様でした。実りの多い学会だったようで大変うらやましい限りです。

> こういう企画を心理臨床学会でも
> やって欲しいと思います。

それこそ若い先生方中心になって自主シンポを開催すればいいんじゃないでしょうか?

なんか他力本願な感じがするんですが、受け身でいても、状況は何も変わらないでしょう。

そんなわけで、ぐっちょんさんに期待です。
2010/09/27(月) 20:16:09 | URL | ロテ職人 #-[ 編集]
Re: タイトルなし
ロテ職人さん

コメントありがとうございます。ホントに参加した甲斐がありました。

> それこそ若い先生方中心になって自主シンポを開催すればいいんじゃないでしょうか?
>
> なんか他力本願な感じがするんですが、受け身でいても、状況は何も変わらないでしょう。
>
> そんなわけで、ぐっちょんさんに期待です。

いやはや,参りましたな・・・。
基本的に積極性に乏しい他力本願受身人間ですので・・・。

とはいえ,自ら発言することも大切なのは理解しているので,なんかやっちゃいましょうかねぇ・・・。ちょいと考えてみます。
2010/09/27(月) 21:19:23 | URL | グっちょん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://guchogucho.blog102.fc2.com/tb.php/526-ec087596
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。