ズボラ生活
日々の生活,心理学の研究などなどについて,ダラダラと書いていきたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
嘘のようなホントの話
を思い出した。
たまには私も思い出話を。

2年ほど前のこと。
こんな嘘のようなことだったのに,ブログに挙げていなかったのは,なんかバタバタしてたんだろうね。


それは,今は亡き母親の入院見舞いの帰りに起こった。
博論と仕事の合間を縫って,当時住んでいたところからおよそ100㎞ほど離れたところまで車で連日見舞いに行っていたのである。その日は,兄家族4人を小さな軽自動車に乗せて私が運転していた。

見舞いも済んで,兄の自宅まで帰る途中,折り鶴を作るための折り紙を買おうということになり,99円ショップに寄るため実家近くの大きな道路を走っていた。

その頃,私の車は随分と調子が悪く,停車するたびに「ガコンガコン・・・」と不穏な音を立てていた。それでも,連日100㎞以上走っていたのだから大丈夫だろうと気にしなかったのが良くなかった。

交差点脇にある99円ショップが見えてきたので,片道三車線の大きな道路を右折しようと交差点ど真ん中で信号待ちしていると,車が「プスン・・・プスン・・・」といい,エンジン停止。焦る俺。泣き喚く後部座席の子どもたち。信号が変わる。ガンガンクラクションを鳴らされまくって半ばパニック状態に陥る。もうすぐゴールなのに・・・。

とにかく,この状態を回避しなければならないので,助手席に乗っていた兄が外に出て,他の車を誘導。私は必死でエンジンをかけ直す。後部座席の子供は泣き続ける。何度かエンジンをかけ直したところ,やっとエンジンがかかる。また止まってはいけないという焦りから,ガンガンに車が通っている交差点のど真ん中に兄を置きっぱなしにして,とにかく道路脇まで移動させる。

車を道路脇に避難させることに成功したものの,兄からはちょっと白い目で見られる。

当然のことながら,JAFを呼ぶことに。

JAFが来るまで一時間ほどかかるということなので,目的の折り紙を買うことにする。
折り紙は問題なく購入することができた。それからしばらく店の外でJAF待ちをする。兄と二人で待っていると(子供と義姉は車で待機),「コラァ!待てや!泥棒!!!」という叫び声とともに,二人の男性が先程折り紙を買った99円ショップから取っ組み合いになって出てくる。

何だ何だと思いながら,俺と兄は男たちに駆け寄ると,店員風のおっちゃんが「こいつ,泥棒!」と言いながら,おじさんを羽交い締めにしようとしているが,おじさんも必死に逃げようとする。

とにかく,兄は泥棒と思わしきおじさんを捕まえようとするが,やはりおじさんは必死です。捕まってられません。そこで私が加勢いたしました。ケガをさせて私が犯罪者になっても仕方がないので,とりあえず,背後に回ってバックチョークで一捻りすると,泥棒風のおじさんはあっという間に脱力したのですが(落ちてはない),兄と店員風の人に「あかん,あかん!そんなんしたら,あかん!」と私が止められたので,弱ったところをとりあえず羽交い締め。おじさんも大人しくなって,他にも加勢してきた人がいたので,そのまま交番につきだして一件落着。

店員さんが泥棒を交番につきだしたところで,我々はそそくさと退散して事無きを得ました。

ということで,この日は車のトラブルに加え,泥棒騒動にも巻き込まれ散々な日だったのでした。

車はどうなったかって?もちろん,廃車ですがな・・・。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://guchogucho.blog102.fc2.com/tb.php/527-2eb9bd44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。