ズボラ生活
日々の生活,心理学の研究などなどについて,ダラダラと書いていきたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
生物学的精神医学会の企画に参加してみた
テーマは「次世代研究者によるこころの発達と障害における分野横断的連携」
でした。

発達絡みでいろいろ知りたいことがあったので,勇気を出して参加。
東大の研究発表会みたいな感じでしたが。

特に発達障害の支援や理解について,医学・心理・教育領域から分野横断的なアプローチをしようぜ,みたいな内容でした。分野横断的連携と言えども,発表自体は医学領域単独,心理領域単独,という感じだったので,正確には分野横断的な連携とは言えないかもしれないけれども,同じトピックについてどんなアプローチがなされているのかを同じ場で示し合うっていうのは連携する上でとても大切だなぁと思った。

遺伝子とか神経細胞とかの話もけっこうあったので,正直全然わからないこともあったのだけど,実験心理学とか認知心理学的アプローチから自閉症の支援について考える,みたいな発表もあったのでとても興味深かった。

こういう他分野間の連携とか学際的な研究って,新たな発見をしたり知見を統合していく上で非常に重要ですよね。自分も機会があれば異なる分野の研究者と一緒に研究してみたいなー,などと思った今日この頃。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://guchogucho.blog102.fc2.com/tb.php/555-0f5ff2f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。