ズボラ生活
日々の生活,心理学の研究などなどについて,ダラダラと書いていきたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2コマ連続同じ講義
をやっています。


今年度から,他大学で心理学概論系の講義をやっているわけだけども,人数が多いからクラスを分けて2コマ連続で講義をやっております。

心理とは関係のない学生を相手に話をしているのだけども,それは別にいいんですよね。

今までおんなじような講義をやったことがあるので,それをそのまま使えばいいものを,元来の凝り性がムクムクしてきて,結局いじくりまくって講義準備に追われることになっている,今日このごろであります。


タイトル通り2コマ連続で講義をやっているわけですけど,これがなかなか大変。
喋る体力はもちろんのこと,同じ話をするということが,実は難しい。

1回めの講義と2回めの講義で,同じ質で同じ事を話すことは非常に困難である。

どうしても,1回めの授業のリアクションを参考にして2回めの授業をやることになってしまう。
もちろん,全体の流れとか喋る内容は変えないし,スライドも同じなのだけども,ちょっとしたニュアンスや例とか,説明の量などは,1回めのリアクションを参考にして,2回めの講義をやることになってしまう。

ビデオテープのようには出来ないものである。

だとすると,2回目の方がクオリティが高いのかというと,それはよくわからない。
なぜかというと,2回目の講義よりも1回目の講義の方がウケがいいように感じられるからである。

講義はできるだけ楽しくやりたいな思っているので,必ず1回は笑えるような説明とかスライドとか,学生の感想とかを紛れ込ませているんだけども,おんなじことを1回目の講義でやるのと2回目の講義でやるのとでは,全然ウケっぷりが違うのである。

前期が始まったばかりは,2回目の方がリアクション良かったのだけども,どういうわけか,最近は1回目の方がリアクションがいい。なんでだろうか…。

1回目と2回目の講義で,喋りの違いがあるとすると,1回目は1発目なので,かなり考えながら喋っている。一方,2回目はちょっと疲れ気味ではあるが,1回目を参考にできるので少しは滑らかには話せている。
必死さで言うと,1回目の方が必至ではある。だからウケているのだろうか?ウケるには必死さがいるのだろうか?

それとも,時間帯の問題なのか,学生集団の特性の問題なのか。

謎は深まるばかりである。

ただ,ウケの違いはあるものの,どちらもかなり学生のリアクションはよくて,毎回必ず好意的な感想や質問も貰っている。そういう声が聞けるから,講義の準備を頑張ろうと思うんだけどね。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://guchogucho.blog102.fc2.com/tb.php/596-dc14ac5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。