ズボラ生活
日々の生活,心理学の研究などなどについて,ダラダラと書いていきたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
発達勉強会
今日は朝から、子どもの発達に関する勉強会に行ってきた。

基本的に現場の人間ばかりで、大学に籍を置いている人はいない。

司法、福祉、医療、教育などなど、多くの領域の心理士さんが集まって、困った事例やら情報交換を行う会で、顧問にはベテランの心理士さんと、現場上がりの某大学教授。

両顧問は主にアセスメントを中心とした臨床活動を行っているので、アセスメントのグループSV的な要素もあるので、本当に助かっている。

僕の所属している大学は、発達を売りにしている割には、発達検査をきちんと実施出来る教官は皆無で、大学院でそれを教える事もないので、僕たちが自主的に勉強会を行っている。

だけど、やっぱり自分たちだけでやっているとどうしてもひとりよがりになってしまうので、ベテランの人たちにアドバイスをいただける機会は貴重だ。

多少、だらだら・なあなあな雰囲気ではあるけれども、多領域の人たちと知り合いになれる機会もなかなかない。

このとき話題にあがったのが、スクールソーシャルワーカー。
顧問達の見解によると、SCが心理士以外の仕事を全くしない、つまり、環境調整やらコンサルテーション的な動きを嫌がる人が一部いて、学校側からすると、全く役に立たないために、スクールソーシャルワーカーを導入するに至ったとのこと。
しかも、スクールソーシャルワーカーの予算は、全額国が出すとのことだが、その予算は、SCのスーパーバイズ制度で使う予定の予算を横流しすることで、ほぼ決定しているらしい。

ということは、今後ますますSC業界は厳しくなっていくということ。

教育業界に限らず、既存の心理士の役割にこだわる事は、自分の首を絞める事にもなるんだろうな。大体、発達もわからない、アセスメントもあんまりよくわからない心理士は以外と多くて、しかも、そういう人たちが学校現場にどんどん入っているので、そりゃ当然、いらんと言われるだろうな。

SCからリファーを受けてプレイやらカウンセリングやら検査やらコンサルやらいろいろとやってる僕らの方が給料が安い(半分以下!!)というのは、一体どういうことなんだ!!と思っていたが、ようやくSCの不必要性が明らかになってきたことで、ちょっとせいせいしている。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 精神科・心療内科へ
List Me! by BlogPeople
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://guchogucho.blog102.fc2.com/tb.php/81-5866a6dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。